学ぼう!一流俳優への道

ミュージカルミュージカル学校に関する情報サイト

このサイトでは、ミュージカル学校に通い学ぶからこそ得られる技術や経験を紹介しています。
いつの時代でも人気の職業であり、オーディションや劇団所属への道が非常に厳しく、本人の実力がものをいう世界です。
資格を取らなくてはいけないということはありませんが、重要なのは本格的に挑む前に基礎を学び、技術を磨き、実践を積むことにかかってきます。
専門的な場所で学ぶことで、自信をつけ夢への足掛かりにすることができるでしょう。

知っておくと役に立つかも!ミュージカル学校についての豆知識を紹介します!

知っておくと役に立つかも!ミュージカル学校についての豆知識を紹介します! ミュージカル俳優には演技、歌、ダンスの3つの技術が求められます。
どれが一つでも秀でていればミュージカル俳優になることは不可能ではありませんが、バランスよくこなせないと主要な役を手に入れることはできないでしょう。
専門学校ではそれぞれの分野に特化した特別講師の指導が受けられるというメリットがあります。
演技や歌は、これまでの経験がなくても良い先生に出会えれば成果を上げることはできます。
そこで気になってくるのはダンスではないでしょうか。
豆知識として、ミュージカルのダンスは「バレエ」「ジャズダンス」「タップダンス」が使われる機会が多くなっています。
このうちどれかひとつ学んでいればいいということはあまりなく、少なくともバレエとジャズダンスはミュージカルダンスの基礎だと言われています。
なので、どういったダンス技術を学べるのかを注意して、指導者の経歴をもとに学校を選ぶのもおすすめです。

ミュージカル学校で学ぶことのメリットについて

ミュージカル学校で学ぶことのメリットについて 舞台俳優と一言にいっても、色んな役者がいます。
日本古来の芸能であれば歌舞伎となり、大衆向けの演劇は新劇と呼ばれます。
イギリスやアメリカといった海外から伝わったものがミュージカルで、今では若い世代を中心に大変な人気を集めるようになりました。
国内でもミュージカル学校が各地で開校しており、アーティストの育成もなされています。
そこでここでは、ミュージカル学校に入学して学ぶメリットについて詳しく見ていきましょう。
通常は芸能界デビューをするには俳優養成所に入学をするものです。
そこではエチュードやパントマイム、朗読などの指導を講師から受けることができます。
ミュージカルスクールではさらに、ダンス・歌唱も備わっているのがポイントです。
実際に舞台を観覧されたことがあればご存知でしょうが、必ず劇中で歌とダンスが発生します。
それに対応した俳優でないと、2時間以上もの時間でお芝居を続けることができないわけです。
学ぶメリットはこの必要最低限のスキルをしっかりと吸収できることになります。
スクールでは毎年1回は発表会もおっこなっていて、実地訓練を積むことも可能です。
2年間の在籍となりますが、そのあとは提携している芸能事務所に入所します。

ミュージカルの専門学校の学費はどれくらい

ミュージカルに入りたいと夢を持っていても、どういったところで学ぶと良いかいまいちわからない人も多いことでしょう。そう言う場合は専門科で学ぶと、ミュージカルへの道が少し近くなります。しかし専門性が高いところの学費は高いのではないか、そんな疑問も出てきますが意外とそこまで高くもありません。 一番人気の大阪の放送芸術学院専門学校は、スーパー俳優科という学科があります。ここは俳優養成を目的とするだけでなく、タレントやダンサー・お笑いタレントなど多くの仕事を養成する学校です。もちろんミュージカル俳優も出身の人が多くいます。 金額は大体ですが、入学金10万円、受領量が1年間に63万円です。そのほかに169万円がかかるために、大体300万円程度かかると考えておくと良いでしょう。やはり通常の公立のところよりは高いものの、大学に通わせるよりは金額は安く収まります。夢を追いかける子供を応援したい親心として、フォローしてあげるようにしましょう。

ミュージカル俳優になりたい人のための学校ならデビューもしやすい

ミュージカル俳優としてデビューしたいなら、俳優の養成所や専門学校に通う方法があります。もちろん、歌手や俳優からミュージカルの業界に飛び込む人もいますし学校に通って演劇などを学ぶ方法もあるのでどれが一番正しいということはありません。 ミュージカルは、オーディションに受かれば出演することができますので通学をしていなくてもオーディションを受けることはできます。ですが、有名な作品でのデビューとなりますとそれなりの経験やスキルが必要になりますので素人でいきなり有名な作品に出ることは難しいです。 養成所などで学んでいる人の中にはすでに作品に出演している人もいるケースがありますし、講師も経験豊富な人が多い傾向にあります。業界のことをいろいろと学ぶことができますので、そういった意味でも通学する意味は大きいです。俺からミュージカル俳優として活躍したい方は、そうしたスクールなどに通学することを考えてみてはいかがでしょうか。

習い事にミュージカル学校を選ぶとデメリットになる事とは何か

子供のうちから習い事として、ミュージカル学校を探して通わせている方がいるようです。ミュージカルをすることは音楽や踊りをするためにダンスや歌、演劇を習うことで才能を開花させ、同時に全員で舞台を成功させるチームワークをみにつけることができるというよい点がありますが、デメリットになることもあります。それは費用が大変高額であることです。月謝の相場として毎月10,000円から15,000円かかる他にも、発表会に必要な衣装を準備したり出演をするために費用が必要になります。 加えて習いに通っていると本番までに連日稽古が続く場合があり、練習のために時間を取るので習い事を掛け持ちしている場合には、子供にとってはスケジュールが厳しくなり、通うことが難しくなる場合があります。特に受験を控えている場合には受験勉強とミュージカルの練習の両立が難しくなる可能性もあるので、学校に行く前に練習と勉強が両立できるかを確認しておくことが必要です。

ミュージカルを学べる学校を選ぶためのポイント

芸能学校の中には、ミュージカルに出演するために必要な技術を専門に学べるスクールもあります。こうした施設では、演技と歌唱の勉強を両方することができます。ミュージカルを学べるスクールに通いたい人は、選ぶポイントをしっかりとおさえて、通う学校を決めた方がおすすめです。選ぶ時の重要なポイントとなるのは、卒業生の具体的な進路です。いくらしっかりとした技術を教えてくれるスクールであっても、卒業生にプロとして実際に活躍している人がいなければ、卒業後に舞台に立てる確率も低くなります。卒業をした後にプロとして活動することを計画している人は、多くの卒業生が実際にプロで活動しているスクールを選んだ方が最適です。こうしたタイプの施設ならば、プロの世界で活動することを希望している生徒を手厚くバックアップしていることも多いため、舞台に出演できるチャンスも増えています。学費や通学のしやすさなども、選ぶ時に考慮しておいた方が良いことです。

ミュージカルコースが設置されている専門学校

芸能を専門に教えている専門学校の中には、ミュージカルコースを設置している施設もあります。こうしたコースで生徒に教えているのは、ミュージカルに出演するために必要になる3つの能力です。高度な歌と演技の技術だけでなく、ダンスの技術も勉強することができます。この3つの能力をバランスよく育てることができるのが、良いスクールの条件です。このようなスクールの中には、生徒を指導する講師選びに力を入れているところもあります。さまざまなジャンルで現役で活躍している人を講師として雇っているスクールも多く、実践的な知識を学べるのがメリットです。歌唱の指導だけでも、こうしたスクールでは幅広い内容のことを指導しています。基本的な声楽の知識から、ミュージカル独特の歌唱法までしっかりと教えているのが特徴です。ダンスの授業も幅が広く、バレエの技術を学べるスクールもあります。卒業公演として舞台に出演できるような学校もあり、学んだことを実際の舞台で生かすことができます。

ミュージカル系の専門学校を決める際には講師人についてもよく確認する

将来ミュージカル俳優として活躍するためには基礎からしっかりと学ぶ必要があり、そのためにも専門の学校に通って講師人に的確な指導をしてもらうことが大切です。
中にはどこに通っても違いはないと考えている人も多いのですが、入る学科によってカリキュラムに大きな違いがあるのでその点に関しては十分に注意する必要があります。
何を教えてもらいたいのかその点をよく考え自分に合ったところを探すことが重要ですが、そのためにもオープンキャンパスに参加したり実際に通ったことのある人から話を聞いてみるのも良い方法です。
今ではインターネット上に様々な情報が載っているのでそれを参考にして決めるのも良いですし、入学金も重要なのでその点についても事前にチェックすることが重要です。
このようにミュージカル系の専門学校は全国に沢山あり学科も数多くあるので、どういったことを教わりたいのかよく考えた上で入るところを決めるようにした方が良いです。

特待生になれば経済力負担なくミュージカルを学校で学べる

ミュージカルを基礎からしっかりと学びたいと考えるなら、本格的な指導を受けることができる学校へ進学するのが手っ取り早い方法です。
しかし、入学のためには授業料を納付する必要があるので、選択するためにはある程度の経済力が必要です。経済力が無ければ諦めるしかないかというと、そうではありません。特待生制度という経済力を補ってくれる有り難い制度があります。
特待生になれば経済的な負担は一気に軽くなります。多くの学校で採用されている制度なので検討してみる価値は十分にあります。
一般的な大学入試などとは違い、実技審査が行われることが多いので十分な準備が必要になりますが、大きな経済的負担なくミュージカルが学べることは魅力です。
但し、選ばれても全ての費用が不要になるとは限りません。授業料は免除になるけど入学金は必要という場合もあります。
それぞれの条件を確認して、希望条件を満たしているところを探して進学を目指すことが大切です。

ミュージカルを進路目標とする学校はどこが良い?

将来ミュージカルに出演したいという夢を抱いているとして、具体的にどういった学院に進学すれば良いのかわからないのではないでしょうか。
進路は非常に重要であり、後で入りなおすとなるとそれだけ年齢が上がってしまうので、リスクが伴います。そのためにいつ、学校に入れば良いのかを解説しました。
東京では専門学校東京アナウンス学院が、非常に老舗で有名です。特に演技科にミュージカル俳優を目指すための学科があるために、活躍できる俳優や女優を目指せます。
芸能界に強いつながりも持っているために、「デビュー支援体制」がしっかりしており、西友や俳優など多くの人を芸能界に排出しました。
審査員にプロを迎えた「学内オーディション」や発表会、現役マネージャーによる講義などの座学も充実しています。
ポージングやメイクなども好感が持たれるような技術を身に着ける、「オーディション対策講座」というものも含まれているのです。これらを受けられるところを目指すのがおすすめです。

ダブルスクール対応のミュージカル学校なら両立可能

将来ミュージカル俳優になりたいという方にとって壁となるのが、学業との両立です。特に中学や高校に通っている方であればしっかりと学ばなければならない一方で、この年代から感性を磨きたいという思いもあり、進路に迷ってしまいがちです。
ミュージカルではその年代にしか演じられない役も多く、そのチャンスを逃してしまえばその年代は二度と訪れることはありません。
しかし、学業を疎かにすることもできず、多くの生徒や親御さんが悩んでしまうポイントで、人生の大きな分岐点だからこそしっかりと判断したいところです。
そんな時には、ダブルスクールに対応したミュージカル学校に通うという方法があります。中学や高校を卒業するまで待つ必要も無く、フレックスタイム制で空いている時間にミュージカル学校に通うことができ、学業と湯夢を両立することが可能となりました。
これならばどちらかを諦める必要もなく、両方を極めるために高いモチベーションで挑むことができます。

ミュージカルの学校に通える年齢については予めよく確認する必要がある

俳優になることを夢見てミュージカルの学校に通うことを考えている人は全国に沢山いますが、その場合に問題となるのがどれ位の年齢になったら入ることが可能かと言うことです。
これは場所によって大きく違うので一概に言うことはできませんが、多くのところは中学を卒業したら入学できるので高校に通いながら通学している人も多いです。
また最近では卒業をすれば高校卒業の資格も取れるところも増えているので苦労することなく通うことができますし、学費も二重に払う必要がないので金銭的な面でも魅力的であると言えます。
インターネットで調べれば情報を色々と入手することができるので教わりたいところを中心に指導しているところが見つかりますし、自宅近くにあるところも容易に探すことができます。
ですので将来の夢を叶えるためにミュージカルの学校に通うことを考えている場合には、色々と情報を集めて自分に合ったところはどこかしっかりと情報を収集した方が良いです。

授業料無料になるミュージカル学校の制度がある

ミュージカル学校に通って夢を掴みたいと思ってみたものの、費用の面から諦めてしまうケースも少なくありません。
しかし、そのような方の中にこそダイヤの原石が眠っていることも多く、ミュージカル学校としても優秀な人材の確保や育成に何らかの手立てはないかと健闘した結果、授業料無料になる制度を設けているケースが増えています。
未成年の方であれば家庭の年収が一定以下である場合をはじめ、学生時代の成績が優秀だった方や部活動、ボランティア活動に汗を流した方、オーディションに参加して才能があることが認められた方など様々です。
書類選考や面接、小論文の提出や自己アピール、課題となる歌や演技を披露するなどして審査が実施され、見事に合格すれば授業料無料となります。
費用の面で夢をあきらめる前に提供されている制度を可能な限り探り、チャレンジしてみる価値はあります。
ミュージカルの舞台に立つ前に、人生の舞台で花を開かせることができればその道はおのずと見えてきます。

平日夜間でミュージカル学校に通うメリット

ミュージカル学校では、歌・ダンス・演技を学ぶことができます。
ミュージカルでは、役柄に合った歌い方をする必要があるため、普通のボーカルレッスンとは異なります。
また、お話によりダンスのジャンルが変わるため、ジャズダンスやヒップホップ、基礎レッスンとしてバレエをすることもあるため、さまざまな種類のダンスに挑戦できるメリットがあります。
平日夜間にレッスンを受けられるスクールもあるため、お仕事のある大人でも通いやすいです。
レッスンを受けることで歌やダンスの技術は上がります。
さらに、チームワークの大切さを学ぶことができるとともに、度胸が身に付きます。
そのため、会社でのプレゼンや会議で意見を述べるなどさまざまな場面で学んだことを活かすことができます。
平日夜間で学ぶことでお仕事との両立は可能となり、プロとして活躍することも目指せます。
学校を選ぶ際のポイントは、レッスン内容や費用、先生の経歴などを調べてみることです。
ご自身の目的に合ったところを選ぶことで、無理なく通えることができます。

ミュージカルの学校に在学中に生徒ができること

ミュージカルの学校に在学中の生徒は、将来のためにしておいた方が良いことがあります。
在学中の学生が特に真剣に取り組んでおいた方が良いのは、授業でミュージカルの勉強をすることです。
卒業した後に俳優として活動することを希望している人は、学校にいる時に十分勉強をして実力をしっかりと伸ばせば、俳優になれるチャンスも広がります。
特に力を入れて勉強をしなければいけないのは、歌や踊りの基本的な技術です。
基本的な能力がなければ卒業してから自分の能力を育てることが難しくなるので、将来のために土台作りをすることが重要です。
難しくてできないことがあっても、簡単にあきらめてしまうと基礎力を身につけることはできません。
わからないことがある場合には講師に相談すれば、適切なアドバイスを受けられます。
在学している時にしか、講師には頻繁に質問することができないので、積極的にいろいろなことを質問した方が、自分の能力を高めるためには最適です。

ミュージカルの学校で受けられる授業は心の成長にも役立つ

人前で話しているだけで緊張してしまうので、自分が舞台に立つのは不可能だと考えている人も、ミュージカルの学校に通うと考えが変わります。
演技や発声の練習を繰り返すだけでなく、生徒の苦手意識を取り除くための個人レッスンが行われることも多く、緊張を取り除く方法を学べるのも魅力です。
タップダンスやヒップホップやクラシックバレエなど、複数のダンスの技術を学べる点でも評価されています。
演技の基礎から指導を受けられるので、今までに一度も演技をしたことがない方々にもミュージカルの学校はおすすめです。
テーマパークで演技に関する仕事を始めたい生徒に向けて、特別な授業が行われる場合もあります。
体幹を鍛えるためのトレーニングを受けられる教室も増えていて、足腰の動きが悪いのでダンスの道を諦めようか迷っている人も、レッスンの内容をチェックしてください。
卒業後の進路について講師と話し合える時間もあり、将来の不安を解消できるのも魅力です。

ミュージカル俳優に必要な資格はないが学校で学ぶことが大事

ミュージカル俳優になるのに、必要な資格はありません。
誰もが目指せますが、オーディションや劇団所属審査では実力がチェックされますので、合格するためには実力を身に付けなければなりません。
必要な技術を磨くためには日々の努力が必要であり、熱意を持ち続けながらミュージカル俳優の夢を目指すことが大切です。
なかなかチャンスに恵まれずに迷いが生じてしまうことも多いので、同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨しつつ成長できる学校に通うのはとても良いことです。
仲間と同じ道を目指しながら共に努力する時間は貴重ですし、才能のある人を見て刺激をもらえることもあります。
仲間と共に頑張れるというだけでなく、必要なスキルを教えてもらえることも学校に通うメリットです。
自分では気づかない問題点を指摘してもらえますので、成長のスピードも速くなります。
学んでいる間は練習等で時間を管理するのも大変ですが、ミュージカル俳優になるには自己管理力も求められます。

ミュージカル学校の最新情報をもっと

ミュージカル 学校

新着情報

◎2023/10/25

情報を更新しました。
>授業料無料になるミュージカル学校の制度がある
>平日夜間でミュージカル学校に通うメリット
>ミュージカルの学校に在学中に生徒ができること
>ミュージカルの学校で受けられる授業は心の成長にも役立つ
>ミュージカル俳優に必要な資格はないが学校で学ぶことが大事

◎2022/12/23

情報を更新しました。
>ミュージカル系の専門学校を決める際には講師人についてもよく確認する
>特待生になれば経済力負担なくミュージカルを学校で学べる
>ミュージカルを進路目標とする学校はどこが良い?
>ダブルスクール対応のミュージカル学校なら両立可能
>ミュージカルの学校に通える年齢については予めよく確認する必要がある

◎2022/2/7

情報を更新しました。
>ミュージカルの専門学校の学費はどれくらい
>ミュージカル俳優になりたい人のための学校ならデビューもしやすい
>習い事にミュージカル学校を選ぶとデメリットになる事とは何か
>ミュージカルを学べる学校を選ぶためのポイント
>ミュージカルコースが設置されている専門学校

◎2021/11/15

ミュージカル学校はたくさんの体験ができるのページを追加しました

◎2021/9/16

学校の仲間と共に成長できるのページを追加しました

◎2021/8/31

サイト公開しました

1人学芸会の宝塚、モノマネの四季と揶揄されますね~(四季はブロードウェイミュージカルが多いからですが)、宝塚の芸質は良くも悪くもおっとりしてますからね。宝塚音楽学校卒業がゴールの生徒も多い。

返信先:ほんとに最高の仲間でした!!毎日毎日、楽しすぎた学校に、担任の笹さん𐤔𐤔 みんな、大きな愛でつつまれていました♡♡ 感謝しかありませんよぉ~✨️ ミュージカルも、作品も大好き♡♡ 勝手に愛を伝えまくってます𐤔𐤔

劇場版で海外に行ったり突然ミュージカルが始まったりするのは無印から受け継いだ伝統だったのね…虹ヶ咲の完結編でもやってくれたりするのかしら。あと虹ヶ咲といえば沢山の学校のスクールアイドルが集まって一つの大きなことをやるってのも無印ですでにやってたんだなぁ。やはり始祖は偉大だった。

-->